ねこ+わたし

猫と私の記録

高齢猫に多い病気

こんばんは

 

投稿5回目になりました。

私はかなり飽きっぽいので、5回でもよく続いている方ですw

 

今回は『ブログをやろう!』と思ったきっかけを書きたいと思います。

このきっかけがあるかぎり、ブログは続きます。       たぶん……

 

前に少し触れたことがありますが、きっかけも、我が家の愛猫アルです。

 


f:id:nekowatashi:20190227193358j:image

 

1月23日 朝

子供達を学校に送り出した後、主人とリビングにいた時に、アルの歩き方が変だと気づきました。

後ろ足に力が入っていない…

フローリングでは滑って上手く歩けない…

「これは病院だね」と動物病院が始まる時間に、主人と一緒に行きました。

 

小さな動物病院ですが、歩いて5分もかからないところにあり、本当に助かります。

 

直ぐに診てもらうことが出来ました。

 

外傷によるものではない→前より痩せている→体温が低い→血液検査をしましょう。

とのことに。

採血をして、しばらく結果を待ちました。

そして、結果は

 

〈慢性腎不全〉

BUN=81

CREA=5.5

 

17年も猫と暮らしているのに、私達は慢性腎不全という病気をよく分かっていませんでした。

猫のなりやすい病気なのに…

 

慢性腎不全とは(簡単に)

腎臓のろ過機能が低下してしまい、老廃物の排出ができなくなるため、尿毒症になってしまう病気です。

腎臓の機能は回復しないため、治りません。

 

予防できる病気だったこと、痩せたことを高齢だからと深刻に思っていなかったこと…

後悔はいっぱいあります。

でもそれより、いつか来るお別れの時まで、できるだけ苦しくなく、辛くないようにしてあげたい。そして、できるだけ一緒にいたいと思っています。

 

慢性腎不全の診断を受けたその日から、私はアルの様子をノートに記録するようになりました。

日記も家計簿も続かない私ですがw 今のところ続いています。

 

慢性腎不全について、いろんなブログや知恵袋等を見ました。

それによって、病気の知識が深まり、これからの心構えができた様に思います。

 

いろんな飼い主さんがいて、いろんな選択肢があり、違う選択をしていても、全ての飼い主さんが自分の愛猫のためを思って行動していました。

 

『アルとの思い出を残したい』という気持ちと、私がこれを書くことで『もしかしたら参考になる方がいるかも…(私の様に)』という気持ちが、このブログを書く決め手です。

 

でも、誰かのため なんてカッコいいものではありません。

結局は自分のためなんです…


f:id:nekowatashi:20190227160011j:image

 


病状はもちろん。費用等についても書けたらなぁーと思ってます。

 

 

では