ねこ+わたし

猫と私の記録

とりあえず私のこと

こんにちは

初投稿です。

ブログ名からも分かる通り、我が家のにゃんこを中心に書くつもりですが、今回は私についてです。

 

まず

専業主婦です。

旦那様と息子と娘+猫2匹の家族です。

アラフォーです。

とにかく人見知り!!

(↑ちょっと詳しく書いていきます↓)

 

コミュニケーションをとるのが、苦手です…

コミュ症ってやつですね。

周りのママ達はママ友と雑談しているのに、私は常にぼっち…。

挨拶程度はしても、雑談できるようなママ友はなし。

年度の初めや終わりの保護者会で、一人一人自己紹介をするのですが、それがとにかく苦手!

たかが保護者会の自己紹介なのに…

異常な緊張、動悸、発汗…

やはり普通ではない?と思ったのが3年前

『人見知り 克服するには』と検索してみると「これかも…」と思うものがありました。

それは 社会不安障害〈社交不安障害〉です。

確信があり、少しでも楽になるのであればと、思いきってメンタルクリニックを受診したところ、やはり社会不安障害と診断されました。

「単に性格の問題ではない」と分かったことで、開き直れる部分ができました。

 

今から思うと、中学の時から 出店(デミセ)やファーストフードの注文が苦手で友達にお願いしたり、電話をかけるときは、あらかじめメモ(台本のように)を書いて用意しないと話せなかったりしてました。

それでも、大人になればいろんなことに慣れて、平気になって行くだろうと思ってたのですが…。

大人になって、緊張せずに出来ることは増えましたが、無くなることはないし、新たな緊張の場面も出てきます。

クリニックでは「治るものではないので、上手く付き合って行きましょう」と言われました。

あらかじめ緊張や不安が予想される時には、薬を飲むという対症療法。

薬の効果としては『お酒を飲んで、気分が大きくなる時と同じようになる』と説明されました。

 

確かに、お酒の席ではスムーズに楽しく話しが出来ていたので、保護者会前にお酒飲んで行こうかとも思ったことがありましたね…

(さすがに飲みませんでしたが)

 

子供の学校行事や習い事等で薬を試したものの、効果わからず…

医師に相談して、薬を増やしても効果わからず…

副作用として怠さと眠気が出るため、薬はフェイドアウト…同時にクリニックも行かなくなりました。

クリニックでは「ご飯は食べられていますか?」など基本的な問診があり、薬を処方されます。

おそらく、うつ病パニック障害になってしまう事が心配要素なんだと思います。

私の通っていたクリニックでは、予約は電話のみでした。電話が苦手な私はこれも通院しなくなった1つの原因です。

何日も悩んで、思いきって行ったメンタルクリニックでしたが、現在は通院していません。

 

社会不安障害でも、それなりに普通に生活はできます。

(もちろん個人差はあると思います)

私は、実際 結婚して、家族もできて、その点では幸せですから。

なので、理解してもらうのは難しい。

世間話を緊張しながら話してるなんて、普通は思いませんからね…

なんか付き合い悪いなぁーとか、話しかけづらいなぁとかは思われて当然です。(以前はそれが嫌でした)

 

今は周りの目を気にしないように意識したり(自己暗示)、頑張り過ぎないようにしています。

失敗すると人一倍気にして、拗らせてしまうからです。

成功体験を増やして自信に繋げることが良いんだと思います。でも、それには少しの頑張りが必要です(難しい…)

頑張らない=甘え かもしれないと正直今でも葛藤します。

 

私は、大人になる程自信が無くなっているように思います。理想の自分と実際の自分が違うからだと思います。

 

因果関係は分かりませんが、私の父は厳しい人で、いつもダメ出しばかりでした。

今の子育ては『褒めて自信をつけて伸ばす』と言われていますね。

私に自信がないのも頷けます。(でも、厳しくしてもらって良かったと思う事もあるので、父には感謝してますよ!)

 

私は専業主婦なので、不安を避けて生活できることも多いと思います。

お仕事してる方は、何倍もストレスを感じているはずです。

毎日ほんとーに、お疲れ様です!!!

私も仕事をしていた時には、電話対応や質問をする度にめちゃくちゃ緊張してました。

 

 

私が完全な引きこもりではなく、普通に生活できているのは、主人の存在が大きいです。

主人は病気の事は理解していませんがw

私の事は理解してくれています。

きっとこんな面倒な人間と、長い間付き合ってくれる人は他にいないだろうと思うので『飽きれられないように!』と私も思うわけです。

その危機感が少し頑張るきっかけになっている気がします。

あとは、子供達。

自分の事はいい加減になっても、誰かのためだと頑張れるって誰かが言っていた気がしますが、本当にそう思います。

 

 

人一倍ストレスと戦っていると思えば、私は意外と強い人間なのかも?

なんて、前向きでいたいですね。

 

私のことは以上です。

 

 

 

 

 

◆気分を害する方いたら、本当に申し訳ありません。

◆誤字 脱字 読みづらさ…ご了承ください。